Powerspeaking and Modern Media (PMM) 
~パワースピーキングでプレゼンのプロになる~

presentation


人前で話すことが得意ですか?
自分のプレゼンテーションスキルに自信を持っていますか?

日本語でなら・・・でも、英語じゃぁ・・・
っという方も少なくはないのではないでしょうか?
 
SSLCのPowerspeaking and Modern Media (PMM)では英語で自分の意思を伝えられるよう、意見を交わせられるように徹底的にスピーキング力の向上を目指します!
「効果的に英語で表現できるようになる!」、「抜群のプレゼン力を身に付ける!」、そして何より「自分自身に自信が持てる!」がプログラムのゴールです。

25232867137_ba6bffeeb8_o



【プログラムの概要】
PMMは身の回りに存在する様々なメディアをトピックに、多くのエクササイズ、ディスカッション、ディベートを通じて  スピーチ力、プレゼンテーション力、伝達力、発言力、主張力の向上を目指すプログラムです。
また、様々なエクササイズを通じて、日本人が苦手としている相手にストレートに物事を伝える力、しっかりと意見を述べる力など、グローバル化された社会で必須となる表現力を身に付けることができます。

【プログラムの特徴】
 毎週行われるプレゼンテーション(自分で組立て、クラスメイトへ発表)
 ジェスチャー、ボディーランゲージ、アイコンタクトなどのプレゼン技術
 発音の訂正、言葉の中での文法の間違い修正などの細かい指導
 即時の間違い修正、相互フィードバック、自己分析などユニークな学習
 

【プログラムで習得する主なスキル】
 英語での意思の伝達能力、多文化間の英語コミュニケーションスキル
 人前でのスピーチ力とその自信、ビジネスでも通用するプレゼンスキル
 発音力、話し中でしっかりと発音するスキル
 メディア関連のトピック、時事問題を通じての幅広い知識

【プログラムトピック】
Unit 1: パワースピーキング&メディアの紹介
Unit 2: ポップカルチャー
Unit 3: ニュース&ジャーナリズム
Unit 4: テレビ
Unit 5: パワースピーキング&固定概念
Unit 6: 広告、宣伝
Unit 7: 音楽
Unit 8: 映画、ドキュメンタリー

【PMMここがポイント!】
 毎週行うプレゼンテーション  効果的なスピーキング能力の向上
 主張力、意見力の向上   日本人が苦手とするYES、NOのしっかりとした物言い力
 発音力の強化   プレゼンのビデオ撮影により、発音の客観的な確認
 英語面接対策  英語でのプレゼンテーション力、伝達力を向上させることにより、ワーホリやインターンで必要となる「英語での面接」対策として大きな効果があります。


 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 キャンパス: バンクーバー、ビクトリア、トロント
 期間: 4週間 ~ 8週間
 授業時間: 週26.5時間(月~木 9:00~15:30、金 9:00~14:30)
 開始日: 毎月(4週間毎)
 平均クラス人数: 14
 タイプ: サーティフィケート
 入学基準: ①TOEFL iBT45-46点、②TOEIC 550点、③IELTS 4.5点、④オンラインテスト合格、⑤ESL Skill Focused レベル4以上/ ESL Skill Combined レベル7以上(インタビューテストなし)
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
プログラム概要はこちらから!